糖尿病などの症状に的確アプローチ~剛健LIFEアドバイザー~

医者

鼻炎を予防する

回診

アレルギー性鼻炎になる方が近年増加傾向です。様々な外部的な要因も関係していることも判明していますので、予防や改善する必要があります。規則正しい生活を心がけなければなりません。バランスのとれた食事も重要になります。

詳しく読む

様々な症状がある

辛く、治すことの出来ない糖尿病の症状は改善できます。今までの生活とほぼ変わりない日々を過ごす為の方法です。

腹膜炎といえば盲腸であり、早く見つかれば完治するような病気です。しかし、癌性腹膜炎は癌が転移したものなので扱いは慎重になります。

病気の成り立ち

アットホームな病院

栄養素の糖質は消化されてエネルギー源のグルコースとなり、膵臓から産生されるインスリンによって全身組織の細胞に取り込まれ余った分はグリコゲンとして肝臓に蓄えられます。糖質を摂りすぎたり運動不足の生活習慣によってインスリンの産生が低下すると、グルコースは血中で増え様々な障害がおきる糖尿病になります。 糖尿病には初期から顕れる3つの大きな症状があります。1つめは体の組織・細胞にグルコースが十分供給されないため、疲労感をおぼえ空腹感がおこり多食になります。食べているのに体重が減ることもあります。2つめは尿の量が多い多尿です。これは血中のグルコースを一定に保つように腎臓から水分と共に尿として排泄するためです。3つめは多尿の結果おこる口の渇きです。

合併症による症状

糖尿病では血管が強く影響を受け、膨らんだり狭くなったりします。この変化が網膜の小さな血管におこると物がぼやけて見えたり視力が低下し、糖尿病が進んで網膜症を合併すると網膜が剥がれる網膜剥離がおこって失明につながります。同様の変化が腎臓の糸球体におこると、ろ過する働きが落ちてアルブミンなどのアミノ酸・蛋白質や赤血球が尿に漏れて腎症となり浮腫や貧血などの症状が出ます。 血管への影響が末梢神経や自律神経にも及んで神経障害がおこると、それぞれ手・足・腰のしびれや痛みなどの感覚の異常がおこったり感染症や創傷がなおりにくかったり、吐き気・便秘・下痢・めまいなどの症状が顕れます。また病変が大きな血管におこれば動脈硬化症が進み頭痛などの症状が出て、心臓の病気や脳卒中などにつながります。

もしもの時の為にかかりつけ医を見つけておきましょう!ここなら病院の口コミや評判を調べることができます。

病気の有無を調べる

男性

最近では、性感染症の検査を結婚前の検査に利用するカップルが増えています。東京の性病科クリニックでは、実際こういったブライダルチェックを診療メニューに取り入れているのです。

詳しく読む

花粉症対策の薬

医者

花粉症対策として、薬を服用するためには、まずは自分の花粉症の症状を抑えてくれる薬を購入する事になってきます。薬を服用する時に注意してほしいのが、自分の体に合ったものを服用していく事です。効果があり、副作用がないものを服用していきましょう。

詳しく読む